ちょっと節穴

ヤフーブログより引っ越してきました。スパゲッティ記事などを更新してます。レシピはTwitter(https://mobile.twitter.com/140jispaghetti)で更新しています。以後、よろしくお願いいたします。

【和訳】Joji ジョージ "777" 2ndアルバム "Nectar" より


Joji - 777

 

Genius によれば「気持ちのないお互いを縛らないラフな関係(要はセフレ)」を持ったJoji の経験の歌(ただしこういう関係をJoji 誰かと結んでいたと言うソースはないと思われるので投稿者がJoji の経験だと思っているだけかと)だそうです。

で、まぁこのまま不毛な関係を続けていくわけにはいかんよなぁと思ったJoji が別れを告げると言う流れですね。て言うかあっちが本気になっちゃったのかな。

 

[Verse 1]
We were never the same, are you outta your mind?
僕たちは一緒じゃないよ、おかしくなったのか?

I don't like strings, no, no ties
縛られたくないんだ、嫌だ、嫌なんだ

I don't wanna keep you dreamin', you waste your time
君に期待させ続けたくはないんだ、君は時間を無駄にしてるよ

I don't need strings, no, no lies
縛られたくない、嘘もいらない

 

[Pre-Chorus]
You needed somethin' to believe in
君には信じるものが必要だった

Two hundred miles in the evening
午後に200マイルでぶっ飛ばして

Super speeding, are you leaving right now?
すごいスピードだ、すぐに行っちゃうのかい?

When I pretend that I'm your boyfriend
君の彼氏のフリをするときには

I'll pour the drinks, so don't annoy me
飲み物は注いであげるから煩わせないでくれ

Are you lonely?
寂しいのかい?

'Cause I'll be gone 'til the next when the sun's up
だって僕は太陽が上る頃にはいなくなってるから

Blame it on me, you can blame it on me
僕を責めていい、僕を責めていいよ

Feelin' your touch and I'm feelin' so sweet (Ayy)
君が触れると気持ちいいんだ

Blame it on me, you can blame it on me
僕を責めていい、僕を責めていいよ

Never turn back when I'm goin' full speed (Woo)
僕は振り返らずにフルスピードで行くから

 

[Chorus]
Ooh, live fast, drive fast like two hundred on the dashboard
あぁ、生き急いで、メーターが200マイルを指すくらいに速く運転して

Ooh, it's my way, my way, even if it is a crash course
あぁ、それが僕の生き方なんだ、その先で激突したとしても

Ooh, live fast, drive fast like two hundred on the dashboard
あぁ、生き急いで、ダッシュボードに200マイルって表示されるくらいに速く運転して

Ooh, no, I can't slow down, I just wanna go fast, baby
ムリだよ、スピードを落とすなんてできない、ただ速く行きたいだけなんだ

 

[Verse 2]
Work (Work, work, work, work)
やるんだ(やるんだ、やるんだ、やるんだ、やるんだ)

Switchin' lanes, doin' work (Switchin' lanes, doin' work; blacka, blacka, blacka) ※①
車線を変えて、やるんだ(車線を変えて、やるんだ ; ブラッカ、ブラッカ、ブラッカ)

All I hear is heavy metal (All I hear is heavy metal) ※②
僕に聞こえるのはヘヴィ・メタルだけ(僕に聞こえるのはヘヴィ・メタルだけ)

Drippin' tears on my shirt (Drippin' tears on my shirt, drippin' tears on my shirt)
涙でシャツを濡らして(涙でシャツを濡らして、涙でシャツを濡らして)

Seven, seven, seven (Seven, seven, seven, seven, seven), oh
幸運の数字(7、7、7、7、7)、あぁ

It's a little piece of Heaven (It's a little piece of Heaven), ayy ※②の続き
天国の小さなかけらみたいだな(天国の小さなかけらみたいだな)

We don't know how to act now, yeah (We don't know)
僕たちはどう振る舞えばいいのか分からないんだ(僕たちは分からないんだ)

I don't wanna come back 'round, no
僕はもう戻ってきたくないんだ、嫌だよ

I don't wanna let you down (Let you down)
君を落ち込ませたくないんだ(君を落ち込ませる)

Told you that I'm leaving now (Leaving now)
僕は行くって言っただろ(行くんだ)

Please don't stay out, please don't stay out
頼むからもう帰って、お願いだから帰ってくれよ

 

[Pre-Chorus]
You needed somethin' to believe in
君には信じるものが必要だったんだよね

Two hundred miles in the evening
午後の200マイルでぶっ飛ばして

Super speeding, are you leaving right now?
すごいスピードだ、すぐに行っちゃうのかい?

When I pretend that I'm your boyfriend
僕が君の彼氏のフリをするときには

I'll pour the drinks, so don't annoy me
飲み物は注いであげるから煩わせないでくれよ

Are you lonely?
寂しいのかい?

'Cause I'll be gone 'til the next when the sun's up
だって僕は太陽が上る頃にはいなくなってるから

Blame it on me, you can blame it on me
僕を責めていい、僕を責めていいよ

Feelin' your touch and I'm feelin' so sweet (Ayy)
君が触れると気持ちいいんだ

Blame it on me, you can blame it on me
僕を責めていい、僕を責めていいよ

Never turn back when I'm goin' full speed (Woo)
僕は振り返らずにフルスピードで行くから

 

[Chorus]
Ooh, live fast, drive fast like two hundred on the dashboard
あぁ、生き急いで、ダッシュボードに200マイルって表示されるくらいに速く運転して

Ooh, it's my way, my way, even if it is a crash course
あぁ、それが僕の生き方なんだ、その先に衝突が待っていたとしても

Ooh, live fast, drive fast like two hundred on the dashboard
あぁ、生き急いで、ダッシュボードに200マイルが出るくらいに速く運転して

Ooh, no, I can't slow down, I just wanna go fast, baby
ムリだよ、スピードを落とすなんてできない、ただ速く行きたいだけなんだ

 

 

※① "Blacka" が何なのかはよく分からず……。

 

※② Joji は7歳~12歳くらいの頃ヘビメタ(と言うか当時全盛だったコーンやリンプ・ビズキットなどのニューメタルと言うかオルタナティブメタルと言うか……メタルのジャンルって難しくてよく分かんないんですけどとにかくその辺のバンドを聞いていたらしいです。まぁマジでその頃は彼らがチャートを席巻してたからな)が好きだったというのは結構よく聞く話です。で、その頃デビューしたアヴェンジド・セヴンフォールドのアルバムで "A piece of heaven" というものがあり、それを使った言葉遊びと思われます。